福岡県で綺麗に変身、ボトックス注射のメリット

メリット

港に並ぶ漁船

門司港レトロは、福岡県北九州市門司区の門司港にあって、現在は、地域振興の要として、明治から大正、昭和といった時代で、外国貿易を支えた建造物を大正レトロ調に整備して、都市景観100選も受賞している観光スポットである。
その歴史的建造物には、国の重要文化財に指定され、現在も利用されているJR門司港駅、アインシュタインも宿泊した旧門司三井倶楽部、旧大阪商船門司支店、北九州市旧門司税関、旧三井物産門司支店、出光美術館と、歴史ある建造物が多数見ることができます。
出光美術館は、大正時代に築造された資材備蓄庫を改装、増築して、平成12年に開館した集客スポットとして注目を集めています。
そして、鉄道ファンなら見逃すことのできない旧九州鉄道本社を本館として利用している九州鉄道記念館では、鉄道の歴史について触れることができます。

門司港地区の古くは、外国貿易で栄えたのですが、産業の中心が八幡製鉄所に代表されますように、門司から小倉、八幡へと移ったことから、次第に衰退することになりました。
ただ、門司港は、対岸に下関の唐戸や、巌流島といった周遊ルートも楽しむ観光産業として地域振興を図るように、様々な取り組みがなされてきました。
そして、明治から大正、昭和といった時期に築造された歴史ある建造物を保存し、門司港レトロとして福岡を代表する観光スポットとして知名度を高めることになりました。
夏は、8月の関門海峡花火大会、冬は、イルミネーションスポットとして、11月から2月まで点灯される門司港レトロ浪漫灯彩といったように、四季折々の良さを伝えることができます。
また、地域情報としては、年中楽しむことのできる名物焼きカレーだけでなく、冬の風物詩となった豊前海一粒カキのカキ焼き祭りといった食についても、話題豊富な地域にあります。